美容室のカラーと市販のカラーの違い

こんにちはFEELSの浅野です。

 

今日は市販のアルカリカラーとFEELSのアルカリカラーの違いについてです。
いろいろ違いがあるので数回に分けて説明していきます。

 

まず知っていて欲しいのが市販のカラーも美容室のカラーも

ダメージはゼロでは無いと言うことです!それを踏まえたうえでお読みください。

 

FEELSは髪の状態に合わせてカラー剤を選び使い分けます。
(例えば根元が1~2cm伸びていて毛先は1回以上カラーをしている場合、2種類または3種類のカラー剤を使用します。)

 

なぜなら

カラーをしていない根元の毛髪と1回でもカラーをした毛先では髪の健康状態が違います。
ですから毛先はトリートメント効果のある髪に優しいクリニックカラー剤を使います。(毛先を染める必要が無い場合はリタッチ(根元のみを塗る技法)をしていきます。)
FEELSでは髪の健康状態を見極めたうえで的確にカラー剤を塗り分けていきます。

 

それに対して

市販のカラー剤は根元から毛先まで1種類で塗るタイプです。
しかも簡単に染まるようにアルカリ成分が強く配合されています。
(技術的な違いとして自分でリタッチは困難です。)
カラー剤を塗る技術はもちろん違いますが、市販のカラーは種類が少ないうえに髪に与えるダメージが大きいと言う事です。

 

結論

市販のカラーは髪の健康状態を無視してただ染めるだけのカラー
FEELSは
髪の健康状態に合わせて髪へのダメージを最小限におさえて染めるカラー

次回は市販とFEELSのカラーの色の違いについて説明していきますね


FEELS
095-821-4355


LINEの友だち登録はお済ですか?
予約にも使えて、LINE限定のお得な情報も届く♪

スマホ・アイフォンでご覧の方は
友だち追加ボタンを押すだけでOKです↓

友だち追加数

PS、白髪染め用カラーはこちらもチェック
→ http://feel-s.jp/hair-dye/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。