市販カラーと美容室カラーの違い

こんにちはFEELSの浅野です。

前回に引き続き
市販のアルカリカラーとFEELSのアルカリカラーの違いについてです。

今回は色の違いを3つ説明していきます。

 

①色の種類

FEELSカラーは200種類以上 市販のカラー剤は多くても10種類ほどです。(理由は②の内容にもつながっていきます)

 

②色合いの違い

最近は市販のカラーも綺麗に染まるようです、ただし素人さんでも染められるようにムラになりにくい色、失敗が少ない色にあらかじめ制限されています。

 

FEELSカラーはクリアな透明感のある色からツヤのある深い色と制限なく豊富です。
あなたに合った色をプロが髪質や肌色を見てカラーしていくので失敗がなくきれいに染まります。

 

③色の持続性

市販のカラーは表面的に染まるカラーが多く、比較的簡単に染まって見えるように作られていて髪の芯まで染まらず、色落ちが早いです。

暗めの色に関しては染まりやすいように濁った色を配合しているので、
明るくしたいと思ったときに邪魔をしてしまい明るくなりにくいです。

 

FEELSカラーは髪の芯までしっかり染まるカラーですので、色持ちもよくキレイな色を保てます。
1ヵ月後などは状態によってはリタッチ(根元のみ染めること)でも大丈夫です。

 

いかがですか?

もちろん市販のカラーは美容室に比べると、安くて 手軽 自分の好きな時にできるので便利です。
ただリスクも伴う事も知っておいてください。

 

前回はカラー剤の髪の傷み度合いについて → http://feel-s.jp/advice-8/

今回は色の種類、色合い、持続性について説明しました。

次回は市販のカラー剤の選び方・使う方法を教えます。

 

FEELS         095-821-4355

 

予約や髪のお悩み相談にも使えて便利!
スマホ・アイフォンでFEELSのホームページを開いて
友だち追加ボタンを押すだけでOK♪

友だち追加数

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。