頭皮ケア専用アイテム

長崎浜町の美容室ならFEELS おすすめコタセラスパ

 

コタセラスパ シャンプー

頭皮と髪をバランスよく洗う

コタセラ スパシャンプー

ティーローズ、フリージア、ジャスミンを中心とした
アロマティックグリーンブーケの香り

  • ◎有効成分「ピロクトン オラミン」が頭皮に悪影響を与える菌の繁殖を抑制し、フケ・かゆみを防ぎます。
  • ◎頭皮と髪を健やかに保つ成分が過度の脱脂をすることなくデリケートな頭皮もマイルドに洗い上げます。
  • ・フケ、かゆみを防ぐ:ピロクトン オラミン[有効成分]
    ・頭皮の荒れを抑制:甘草由来エキス
    ・頭皮の保湿:ヒアルロン酸、コラーゲン
    ・頭皮と髪をマイルドに洗う:エーテルカルボン酸系界面活性剤

(医薬部外品)


コタセラスパ トリートメント

頭皮のバリア機能をアップ、

毛髪もしっかりと補修

コタセラ スパトリートメント

リリー、スズラン、ライラックを中心とした
アロマティックグリーンブーケの香り

  • ◎有効成分「ピロクトン オラミン」が頭皮に悪影響を与える菌の繁殖を
    抑制し、フケ・かゆみを防ぎます。
  • ◎頭皮を保湿し、角質のうるおい密度を高めることでバリア機能をアップし、毛髪のダメージもしっかりと補修します。
  • ◎頭皮の角層部分に存在し、タンパク質間の水分を保持する成分「セラミドⅡ」が水分の蒸散を抑え、乾燥から頭皮を守ることでバリア機能をアップさせます。
  • ・フケ、かゆみを防ぐ:ピロクトン オラミン[有効成分]
    ・頭皮の荒れを抑制:甘草由来エキス
    ・頭皮の保湿:ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドⅡ
    ・毛髪のダメージを補修:ハチミツ、マカデミアナッツ油、ケラチンPPT、シアバター

(医薬部外品)


コタセラ スキャルプ ローション

育毛促進

コタセラ スパスキャルプローション

リリー、ジャスミン、ゼラニウムを中心とした
フレッシュグリーンブーケの香り

  • ◎3つの有効成分「ニンジンエキス」「酢酸トコフェロール」
    「甘草由来エキス」が毛根にはたらきかけ育毛を促進します。
  • ◎「マロニエエキス」が肌の弾力を担っているバネを固め、頭皮にハリ・弾力を保ちます。
  • ・育毛促進:ニンジンエキス[有効成分]、酢酸トコフェロール[有効成分]、
    ジオウエキス
    ・抗糖化:マロニエエキス
    ・頭皮の荒れを抑制:甘草由来エキス[有効成分]

(医薬部外品)


お問い合わせ

0958214355
もしくは
LINEからメッセージをどうぞ

登録がまだの方は↓ボタンを押してください♪

友だち追加数

シャンプー選びの注意点

こんにちはフィールズの浅野です。

シャンプーは何を使っていますか?

 

ジメチコン、シロキサン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン

これらはシリコンと呼ばれる成分。

 

上記の成分がシャンプーボトルの裏に書かれている場合はシリコン入りのシャンプーです。

 

簡単に言うとシリコンとは

手触りを良くする

ツヤツヤに見える

 

髪のダメージを覆い隠してコーティングする事によって

傷んでいないように感じさせる成分です。

 

シリコンは何か問題あるのか?

 

使い出して一時は、髪の傷みがなくなったように感じて満足感があります。

 

特に癖毛で髪が広がりやすい髪質の方

もともと乾燥しやすくパサつきやすい髪質の方にとっては

髪が扱いやすくなるように感じます。

 

問題なのは

 

シリコンは髪だけでなく頭皮にも付いてしまう事

シャンプーをほぼ毎日使用する事によって

髪と頭皮に蓄積していってしまう事です。

※ 蓄積してはダメな理由はこちら

 

 

決してシリコンは悪い成分ではありません

使い方によっては髪をキレイに見せてくれますし

手触りも良くしてくれます!

 

実際にFEELSでもシリコンが配合されているトリートメントを使用することもあります

 

 

ただし

きちんとシャンプーで洗い流せるようなアイテムを選びオススメしています。

 

シリコンが悪いのではなく使用方法・役割をきちんと知った上で

髪質に合ったものを使っていただきたいです。

 

髪に蓄積したシリコンは時にカラーやパーマの薬の浸透を邪魔をすることもあります。

 

あなたは髪に合ったシャンプーを使っていますか?

 


 

LINEで最新情報をお届けします。
登録がまだの方は↓ボタンを押してください♪
友だち追加数

PS、真琴がシャンプーについて動画で解説しています→こちら

PPS、トリートメントとリンスの効果的な使い方はこちら
http://feel-s.jp