脱毛を伴う化学療法後のカットについて

本日もヘアドネーションに協力していただきました

今日はヘアドネーション関連で

お客様に興味深いお話を聞かせていただいたのでシェアしたいと思います。

脱毛を伴う化学療法後
再び毛髪が伸びてきた際の初めてのカット
お客様にとって美容室に行くことがとても勇気がいる

とお聞きしました。

 

脱毛中はウイッグや帽子などでカバーしているそうですが
毛髪が生えそろう途中段階は人に見られたくないそうです
したがって
できるなら他のお客様が店内にいる状態でのカットは避けたいそうです。

 

確かに髪が決まらないと外にも出たくないですし
気になっているところがあれば四六時中、気になります
その状態を美容師以外の人に見られるのは嫌ですよね(場合によっては美容師にもみられたくないかもしれません)

 

美容室に行く時の選択肢としては
〇 我慢して行く
〇 閉店後などお客様がいない時にお願いする
〇 完全個室のある美容室に行く
のようです

 

我慢はストレスになりますし身体によくないです
完全個室の美容室もありますが多くはないです
閉店後などにお願いするのが一番良い方法かなと個人的には思います。

ただ
閉店後にお願いすると言うのは
お客様からしたらお願いしにくいようです。

 

そこで
FEELSでは(最終的に宣伝ぽくなってしまいますがご了承下さい)

 

営業時間外にご予約をお受けしています
ただし営業時間外料金として
30分毎に540円を追加させていただきます。

およその追加料金の目安
カットならカット料金に+1000円
パーマならパーマ料金に+2000円前後
カラーならカラー料金に+2000円前後

 

きちんと料金を頂きますので遠慮なさらず予約の際にご相談下さい
(※このサービスはどなたでもご利用になれる通常メニューです)

 

遅い時間は難しい方は
当店は着付けをするスペースがありまして
カーテンで仕切った状態でもカットできますので
(その場合、営業時間内であれば追加料金は必要ありません)

 

まずはお気軽にご相談下さい
LINEでも予約・問い合わせが可能です。

 

皆さんが楽しいヘアライフを過ごせますように
FEELS 浅野 光明

 

スマホ ・ iPhoneから下のボタンを押して
友だち追加にチェックするだけでOKです。
(もしくはID検索 @ feels)

友だち追加数

 

カラーの色持ちを良くする方法   美容室FEELSおすすめカラー持続法

カラーをした時の色持ちを良くする方法

 

ポイントは3つ

①なるべく早く乾かす

髪にはキューティクル(表面の皮膜)があります。
濡れている状態で開き、乾くと閉じる習性があるので
水分を含んだ状態ではカラーが流出しやすいので
なるべく早く乾かす事

②紫外線や乾燥から髪を守る

紫外線や乾燥は髪の退色を早めるので
トリートメントを使用し髪を守り
髪の防御力を上げる事

③洗浄力の強すぎないシャンプーを使用する

洗浄成分の強いシャンプーは髪に必要な成分や油分を落としてしまいます
カラーの成分も同様に取れてしまうので
カラー用や髪質に合わせたシャンプーを使用する。

 

シャンプーやトリートメントに関しては
美容師に聞きましょう
髪の状態に合わせて最適なアイテムを選ぶのが大切です。

 

3つのポイント
実践して素敵なカラーライフを楽しみましょう。


電話 095-821-4355

LINEで予約・問い合わせが便利です
友だち追加数

 

髪の癖を活かすカットで似合う髪型に  長崎美容室FEELS

シャンプー

FEELSの浅野です。

 

メンズカットデザイン
※ただしパーマではなく癖毛です

 

いつも来てくれているT君

 

かなりの癖毛で濡れるとクリクリの天然パーマ、
いつもお任せで、なんとなくしたい雰囲気があればアバウトに伝えてくれますw
(長く担当させていただいてるのでアバウトでもOK、好みは把握しています)

 

個人的にメンズの癖毛の方は
『癖を活かしたデザインの髪型』をご提案しオススメしています。

 

今まで美容師をしてきてメンズのストレートや縮毛矯正をした事ももちろんありますが、
あまりオススメしません!

 

何故かいうと

 

 

良いと思わないからです!
もちろん癖毛の方が癖を直したいと言うお気持ちは分かりますが
全体をストレートにして仕上がるデザインはカッコいい髪型になりにくいです。

 

メンズスタイルのポイントはトップやモヒカンラインの動きなので
( 髪型にもよりますが )
ストレートや縮毛矯正をトップからしてしてしまうと動きが出にくくなり
動きのない平坦な髪型になりやすい。

 

無理やり癖を押さえ込まずに
受け入れてそれに合わせてヘアデザインを楽しむのがおすすめです。

 

 

ただし例外として
前髪や襟足などの部分的に行なうポイント矯正はデザインの幅を広げてくれるのでアリですよ。

 

 

癖でお悩みならまずはご相談ください。
こちらからどうぞ↓

友だち追加数