リンスとトリートメントの違い

こんにちはFEELSの浅野です。

今回は実は知らない髪の常識、リンスとトリートメントについて

「トリートメントの方が髪に良い気がするからリンスの後から多めにつけます」
なんて方がいらっしゃいますが・・・

 

それでは意味がないですよ!

 

正しい順番は
①シャンプーをして、髪に付いているホコリやスタイリング剤などを落として素髪にする
※髪にスタイリング剤などが付いているとトリートメントが浸透しにくいのです

 

②トリートメントを毛先からなじませ全体に伸ばしたら髪に余計に残っている分をすすぐ
※毛先の方が根本よりダメージが大きい場合が多いので毛先からつけていく

 

③リンスを使い髪をコーティングし余計に髪についている分はすすぐ
※リンスやトリートメントは地肌にはつけないように注意する

 

それぞれ成分と役割も違います

トリートメントは髪と同じ成分(たんぱく質など)で構成されているので髪の内部に浸透していく
リンスは髪の表面にのみ付着します。

 

髪のダメージの補修に効果的なのはトリートメント
髪の表面を守り傷みにくくするのがリンス

 

必ず両方使わないといけない訳ではないので髪の状態に合わせて選びましょう
自分では判断できない場合は私に相談してください。

 

電話番号 095-821-4355
または下のボタンを押してLINEでご相談ください

友だち追加数

 

PS、次回はなぜリンスやトリートメント頭皮につけてはいけないのか? ←クリック

PPS、逆に美容師に聞きたい素朴な疑問もお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。