市販のカラーの注意点

近年、市販のカラーによる皮膚トラブルが多くなっています。

ニュースを表示

自分で染めないでくださいとは言えないので(それぞれの経済的な理由や時間的な理由がありると思います。)

自分でできる対策をご紹介します。

 

皮膚への対策
パッチテストを行う
●頭皮に傷など無いか確かめる
●カラー剤を頭皮にベタベタつけない
首周りや顔周りに保護クリームをぬる
●シャンプー時にしっかり流す
●弱酸性のシャンプートリートメントを使う

●髪を乾かす

 

あくまでも対策です。

美容師として市販のカラーをすすめることは無いです。

 

LINEで個別に質問をお受けしています。

髪に関するお悩みなど気軽にご相談下さい!

(LINEをお使いの方はクリックするだけでOKです。)

友だち追加数

 

PS、 こちらも参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。